美容の仕事

インタビュー:現役アイリストに聞いたマツエク業界の仕事内容やお金のこと【地方都市編】

アイキャッチ

メイクアシスタントをしています、サト(@satomake12)です。

リアルな美容業界を知ろう!」をテーマに、美容職インタビュー連載の第2弾です!

わたしも美容サロンで働いていた時期がありますが、専門職なだけに働く地域や会社で、労働環境はかなり異なりました

だけど、結局は自分に合っていないと仕事はツラいだけ。なにをメリット・デメリットと感じるかは人それぞれです。

 

今回インタビューする職業は「地方都市で働くアイリスト(アイデザイナー)

通称「マツエク」と言われる、人工のまつげエクステを人のまつげに接着していく仕事です。

現在人気の美容職でもあるアイリスト。

リアルな労働環境や給料は、実際のところどうなんでしょうか。

実は、わたしもマツエク関係の仕事をしていた時期があるので、かなり深いところまで突っ込んで対談してきましたよ…!

サト
サト
今回は、地方都市で働くアイリストEさんにインタビューしました!

インタビュー:アイリストの仕事

キャリア8年目アイリストのリアル【地方都市編】

画像
Eさん(20代)基本情報
  • キャリア :8年目
  • 経験店数:2社目 7店舗
  • 立場 :1社目(施術、教育技術者指導担当)|2社目(社員)
  • 会社規模 :1社目(6店舗経験 社員数150名)|2社目(個人サロン1店舗/スタッフ7人)

 

 アイリストになったキッカケ

Q. いつアイリストになろうと思いましたか?

以前は脱毛サロンで働いていました。

だけど、エステ・脱毛サロンで行う、営業契約などが苦手でつらくて辞めてしまって。

それ以外の美容系の仕事を探していたときに、見つけた求人がアイリストの仕事だったんです。

細かい作業は嫌いじゃないし、いいかなって思ったのがきっかけです。

 

アイリストの資格について

Q. アイリストに必要な資格

画像

アイリストは美容師の国家資格が必要です。

サト
サト
いわゆる、美容師免許ですね

そう。国家試験はとても大変でした。

でも美容関係の仕事につくなら、どんな道にも進めるように取っておいて損はありませんね。

 

まつげエクステと美容師免許のジレンマ

マツエクの仕事に美容師免許が必須になったのは2008年

マツエク業界はまだ新しく、法律が技術者にとって最善ではないことが多いことも課題です。

一時期、無免許マツエクサロンが問題になり、ニュースでもたくさん報道していたことを覚えていますか?

しかし当時、トップレベルのアイリストの方々は「あまり責める気持ちにはなれない。」と、語っておられました。

なぜトップレベルの方々が、「違法もレベルの低い仕事も許せない。でも責める気持ちにはなれないのも本音」と語っていたのか。

マツエクトラブルのニュースがばんばん流れていたまさにその時期、この業界で働いていた身としては、痛いほど良くわかります。

Q. 資格についてどう思いますか?

サト
サト
はい!切り込んでいきますこの問題。美容師免許は簡単に言うと、「首から上の美容に必要な資格」だけど学生に聞くと、美容学校でマツエクを習うのは2日程度なんだって。美容師免許があれば、技術がなくても施術をすることは法律的にはOK。ここにみんなジレンマを感じてるよね

まつ毛に関係ない内容が多すぎるから、アイリストになりたくて美容師免許を取るって子は、少ないんじゃないかな。

でも、「美容師が片手間にやってる」みたいなサロンは減ってきた気がするよ!

サト
サト
当時は、すごく技術があって立場を確立していた人が、問答無用に職を失ったよね。現に、

  • 美容師免許を取るために数年休業
  • 経営にまわる
  • 引退する

この3択を余儀なくされた。なのに、当時簡単気にやり始めた美容師も増えてしまった。それがすごく嫌だったの

今となっては美容師免許が当たり前になったし、やっぱり現状は線引きとして美容師免許は必要だと感じる。

Q. 資格についての最善はなに?

美容師免許じゃなくてアイリスト専用の国家資格は作ってほしい。切実に

アイリスト専用の資格が簡単に取れてしまうと、それはそれで知識の浅い人が施術してトラブルが増えてしまう。

とはいえ、実際必要な知識を勉強して実技チェックして…ってなると、美容師免許よりも合格率下がりそうだし……アイリストの仕事って難しいんだよね(笑)

どこも人材不足だし、もっと目指しやすい職業になってほしいな。

サト
サト
目元のことだし、とにかく最低限のレベルを上げていくような資格が必要だね

Q. アイリスト検定について

画像
サト
サト
Eさんとわたしは別の協会のまつげエクステ検定を持っていますよね。アイリスト検定に関してはどう思いますか?

協会検定については、たくさんありすぎて、まだ統一されていないんですよね…

自由に選べる利点はあるけど、転職をする際に大きなプラスになるわけではないと思う。

自己満足かな。

でも、基本的な知識と技術はあるんだなってアピールにはなると思うけどね。

 

アイリストの仕事

Q. アイリストのメリットは?

努力した分、技術が身につくやりがいがある。

単純に施術が好きなの。

お客さまによってデザインや異なるから、要望に合わせてデザインすることが楽しい!

サト
サト
わかる!マツエクって、ただまつ毛を付けるだけって思われがちだけど、かなり細かくデザインすることが出来るよね

そう!こだわると、ほんと終わりがないくらいデザインできる(笑)

Q. アイリストのデメリットは?

悪いところは思いつきません。

サト
サト
すごい!天職ですね…眼精疲労や肩こり腰痛など、肉体的にはどうですか?

眼精疲労は特にないかな。肩こりは多少あるけど、痛くてしかたない!…って感じにはならない。

わたしの場合は体質だけど、運動したりメンテナンスで補うことは重要かもね!

アイリストに必要なスキル、向いてる人ってどんな人?

集中力。

予約状況によって、細かい作業が長時間続くことが多々あります。

あとは、手先の器用さが必要。

まつ毛の生え際から1mmほど離してエクステを付けるので、繊細な作業です。

 アイリストの労働環境や給料について

Q. 会社によって違いはありますか?

画像

1社目時代の規模の大きな会社(アイリストだけで150人在籍)・店舗がたくさんある会社は、技術のこだわりだけではやっていけない難しさがありました。

サト
サト
わたしも大手にいた時、質のいい仕事より粗悪でも安く・早く・人数を強制されたことがあって、納得いきませんでした

 

だけど、スタッフの人数が多いので、お客さまの希望日や時間などに予約を合わせやすく、通いやすいお店作りができる良さはありますね。

サト
サト
なるほど。大手の強みですよね。

Q. 大手マツエクサロンで役職に就くことはどうでしたか?

サト
サト
大手時代、複数の県に多数店舗展開していたこともあり、指導などで出張も多かったそうですね。役職に就くことで時間的・精神的ロスはありましたか?

スタッフが多い会社で、役職つけて上を目指すとか、仕事内容が変化することは良いけど、時間や精神的ロスっていうより、いまの自分にはまだ早いと思ったかな。

まだ自分の技術向上させたいし、現場で施術をすることからまだ抜けたくなかった。

あと5年後10年後に、前の職場で当時の役職任されていれば、そんなに違和感感じなかったのかなぁ…

Q. 個人サロンで働くことについて

画像
サト
サト
今、個人サロンに転職して1カ月。大手に比べてどうですか?

今は役職についていないので、他のスタッフの育成・教育などに時間を割いたり、考えたり行動する必要性は無くなりました。

だけど今のサロンでアイリストはわたし1人なんです。

スタッフ数がいると、他のスタッフが入ったお客さまに後日入ると、3週・4週経ったマツエクの状態見て良いところ吸収したり、逆にダメなとこ見つけたりができます。

サト
サト
時間がたってもキレイな施術は目に見えますよね

だから今は、他の技術者との比較や、細かい技術面での相談ができません。

あとは何より、代わりがきかない

その点は不安な部分なので、スタッフが数人が増えてほしいですね。

Q. 給料と労働見合ってると思いますか?

見合っていると思います。

サト
サト
大手時代から給料は増えましたか?

前よりも今のほうが、総支給額は増えました。

ですが年金・保険は自分で払うので、トータル的にプラスになったかどうかは、今判断できません。

なんせ、まだ1カ月目なので(笑)

でも今の方が仕事したした分、給料が増えていくのでがんばります!

Q. アイリストの社会保障について

画像
サト
サト
美容職は総じて社会保障の権利が主張しにくいですよね。実際はどうですか?

わたしが新卒で働きだした9年前より、だいぶ良くなってきていると思います。

社会保険がついているところも増えました。

とはいえ、もっと改善されていってほしいですね。



ネイリストのサロンワークについて

Q. どんなシフトスケジュールですか?

月7休み。

早番、中番、遅番など時間は様々です。

9時間拘束で1時間休憩。8時間勤務ですね。

サト
サト
大手時代はどうでしたか?

当時は、9時間拘束の中に朝の開店準備の時間や、夜の締めの時間(レジ締めや片付け、売上報告など)が含まれてなくて。

今の職場は、朝と夜の準備と片付けの時間も勤務内に含まれています。

なので、時間的に余裕はできたかなぁ。

 

Q. 仕事をする上で知っておくべきこと

画像

練習が不可欠

一通りのやり方がわかっていても、技術に終わりはないと思っています。

お客さまの目の形によってデザインの仕方は毎回違うし、一生勉強のつもりでしています。

Q. どうしたら顧客獲得につながるのか

お客さまとの意思疎通。

同じ技術を提供していても、反応や感覚は人それぞれです。

お客さまの感じてることを汲み取って、それをフォローしていくことが大切だと思うな。

 

アイリストの独立

Q. 独立はしたいですか?

まったく考えてないです。

自分に見合った給料がもらえているし、安定を求めているので独立には興味ないかなぁ。

インタビューをした感想

画像

いや~けっこう濃い内容の話ができました。

美容職の中では新しい職種アイリスト。

最後になりますがアイリストは、お客さまが目を閉じている状態での施術なので寝ちゃう方も多く、コミュニケーションがちょっと苦手…という方にもおすすめな美容職ですよ!

Eさん、ありがとうございました!

アイリスト【地方都市編】まとめ
  • アイリストは美容の国家資格が必要
  • スキルと集中力は必須
  • デザインスキルの幅は無限大

 

サト