オススメBOOK

子供時代に芽生えたネガティブ思考ととことん付き合った成功者【顔に魅せられた人生/アカデミー賞受賞、メイクアップアーティスト辻一弘(カズ.ヒロ)】

メイクの仕事をしています、サト(@satomake12)です。

2018年、第19回アカデミー賞において、日本人で初めてメイクアップ&スタイリング賞を受賞された辻一弘さん(現:カズ・ヒロ)を知っていますか?

彼の参加した2017年公開映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 』は、のちにこの映画でアカデミー賞主演男優賞を受賞することになる、主演のゲイリー・オールドマンから

「君がメイクをしてくれないなら僕はこの映画を降りる」と懇願され、実現した映画です。

 

普段のゲイリー・オールドマン(左)とチャーチルになったゲイリー(右)画像引用元:(c) Focus Features

 

映画には興味がない方でも、彼の仕事・特殊メイクを人生で1度は必ず目にしたことがあるはずです。

辻一弘氏がメイクを担当した主な作品

 

そして2020年、第92回アカデミー賞。

米国の市民権を取得し名前をカズ・ヒロ(Kazu Hiro)に改名した彼は、2016年にアメリカのテレビ局FOXニュースで行われたセクシュアルハラスメントの実話に基づいた映画

スキャンダル』で、2度目の受賞をされました!!!おめでとうございます!!!

左:普段のシャーリーズ・セロン 右:女性キャスター、メーガン・ケリーになったセロン
画像引用元:GETTY IMAGES, COURTESY

 

メイクの仕事をしているからには、彼の著書には目を通しておかなければ!と、『顔に魅せられた人生』を手にしました。

”顔に魅せられた人生”を楽天で買う

読み進めていくと、おもしろいな~と思う制作話の反面、成功の裏の努力や葛藤。

そして、かなりの回数出てくる、幼少期から悩んでいたネガティブな感情。

辻さんの48年の人生には、ものづくりの情熱と、夢を追いかける人へのエール、そして劣等感と戦い続けた姿がありました。

  • かなえたい夢がある
  • 夢を追いかけるのが不安
  • 劣等感や自尊心の低さに悩んでる
  • 映画が好き
  • 映画の裏側に興味がある

そんな方にはぜひ、読んでみてほしい1冊です。

 

人生を変えるには挑戦し続けること

尊敬できる人と出逢う努力をする

映画好きだった高校3年生の辻少年は、特殊メイクに興味を持ちます。

当時の日本には特殊メイクの学校などなく、たまたま読んでいた洋雑誌に特殊メイクの第一人者ディック・スミス氏の私書箱の住所を発見。

「特殊メイクの仕事をするにはどうしたらよいか」と、辞書を引きながら英語で手紙を出したことが、すべての始まりでした。

ディック氏がメイクを担当した主な作品

ハリウッドの巨匠と夢を追う高校生の文通

すると「自分で勉強するしかない。もし君が作品の写真を送ってくるならアドバイスをするよ」と、すぐに返信が来ます。

辻少年は材料を買い集め、独自に研究しその写真を高校卒業までディックに送り続けました。

高校卒業まで1年を切っていたので、この1年で仕事ができるレベルまで達しておこうと必死だった。

このディックとの文通は有名な話で、わたしも子供のころにテレビで聞いたことがありました。

当時は「行動力が人生を変えるんだなぁ」と思っていましたが、それだけじゃないなと今は感じます。

続けることが一番難しく大切

”努力し続けたから彼の人生は変わった”

写真を送り続けたから、辻少年はのちにディックの弟子になることが出来たし、本当に尊敬できる人と出逢えた。

そして、尊敬する師匠と同じアカデミー賞を受賞するアーティストになる人生へと、続いていきました。

辻氏が制作した恩師のポートレイトと恩師ディックスミス
画像引用元:kazustudios.com

行動することで初めてキッカケを掴める

わたしも師事している師匠がいますが、師弟という関係は本当に特殊です。

仕事だけじゃなく、人生において尊敬できる人に出逢えるたことは、幸運なことだと実感しています。

でもその幸運を掴むには、行動しなければ始まらないのです。

「こんな人になりたい」と思える人に出逢えていない方は、あたらしい出逢いがありそうな場に、どんどん出かけてみてはどうでしょうか。

”顔に魅せられた人生”を楽天で買う

一流の仕事をする人は素晴らしく素敵な人

妥協を許さないものづくりと職人

「一緒に仕事をするのが難しいと噂される大物は、ちゃんと仕事をすれば正当に扱い、尊敬してくれる人であることが殆どだった」

独立してすぐ、21歳で黒澤明監督や伊丹十三監督と仕事をした時のことを、そう綴っています。

辻一弘×黒澤明×伊丹十三

わたしも、メイクの修行をしていると「そんな細かいところまで?!」と思うような事まで、指導を受けます。

誰も気づかない様なところまで気を使って仕事して。大変だなと、たくさん感じました。

小さなこだわりが周りに影響をあたえる

たとえ作った部品が完全に隠れてしまっても、制作したスタッフの気持ちは違ってくる。「ここでこだわった時に、ここまで出来たのだから、次回はもっと良くしていこう」と次に繋がっていく。(中略)一つ良いものを見せられると、他の部分も良くなっていく。

ハリウッドという世界ですら、人々がみんなプロフェッショナルだったわけではありません。

自分が徹底的にこだわって仕事をすることで、周りの人々の意識も変えていったんです。

もちろん、彼の姿勢を嫌った人もいました。でも譲らなかった。

作品は制作者の人生を映す鏡

作品とは、その制作期間にどう生きてきたかの結晶であるべき

会社や組織にいると「自分ばかり頑張ってばかみたい」と思うことは、少なからずありますよね。

でも、頑張って最善を尽くすことに、無駄があるはずないんです。間違っているはずがない。

『顔に魅せられた人生』は、そう断言してくれる本です。

ネガティブ思考だったからこそ辿り着いた天職

人の顔色をうかがうことが観察眼に

『顔に魅せられた人生』を読んでいて1番驚いたのは、呪いのように何度も出てくるネガティブな感情でした。

10代で憧れの人に師事し、20代から多くの功績を残し、数年前からは現代アーティストとしても成功している。

なのに、順風満帆にみえる辻氏の人生は、ネガティブな感情にいつも悩まされています。

その悩みの根源、そして才能がめばえるキッカケは、大人の目を気にしなければならなかった、複雑な家庭環境にありました。

今考えれば人間の顔への興味や観察眼へと繋がったのだと思う。

 

先入観は”ただの植え付け”であって現実ではない

親族からけなされて育った辻氏は、劣等感や先入観は「子供のころからの人間関係の中で、自分で作り上げてしまった世界」だと綴っています。

  • お前はだめだ
  • なんで出来ないんだ
  • あの子は出来るのに

そんな風に言われた経験はありませんか?

わたしには身に覚えがあります。

 

だから、辻さんの言う「現実ではない」という言葉には、目からウロコでした。

だって本当に「自分はダメだ」というネガティブな感情から、すべての思考が始まっていたんです。

ダメだというのが、事実かどうかではなく前提になっていた

 

だから、ネガティブ思考や自尊心の低さに悩んでる方には、一度考えてみてほしいのです。

あなたは、本当は出来ることがたくさんあるんじゃないですか?

人の一生は顔に現れる

アンディ・ウォーフォルのポートレイト作品と辻氏
画像引用元:kazustudios.com

『顔に魅せられた人生』は、たくさんの人の生き様を見ることができます。

現在は『顔』の彫刻作品で現代アーティストとして活動し、リンカーンやアンディ・ウォーホルなど、偉人たちの顔を作品にしています。

その人の人生を読み解いていく場面は面白く、人の内面は顔に現れるというのは、本当なんだなと考えさせられます。

わたしは、自分の顔を鏡で研究してみたくなりました。

また「そんな道具や素材を使ってるんだ?!」と、ものづくり好きにはたまらない内容になっています。

”顔に魅せられた人生”を楽天で買う

めいくをするひと
サト
東京でメイクの仕事をしています。 美容サロン・美容部員を経て、メイクアップアーティスト専属アシスタントへ。 アシスタント日記も書いています(noteに移行中) ▶お問い合わせはTwitterのDMにお願い致します。
\ Follow me /