ESSAY

【アシ日記4WEEK】つらくても、はじめて仕事ができた!と少しでも思えて嬉しいWEEK

assistant_essay04

メイクアシスタントをしています、サト(@satomake12)です。

今週はですね、やたらと足場の悪い外ロケに行ったり、プールがついてるステキなスタジオで撮影したりしていました。

結構忙しかったおかげで、すこーーーしだけ仕事に慣れてきました!

そんなアシ日記4WEEK目です(それではどーぞ!)

はじめて「ちょっと仕事ができた」と思えた喜び

画像

アシスタントってどんな仕事してるの?と、なかなか知りえない業界ですが

手術でお医者さんが「メス!」と言ったら、シュパッ!とメスを渡す看護師さんがいらっしゃいますよね。

まあ、あんな感じの事を仕事の1つとしてやったりします。

言われなくても流れを見て、「次これが要るな?」って判断し、なにも言われなくてもベストのものを渡せるようになると、アシスタントとしては花マルです。

今週は、それがちょっとだけ出来ました…!(ウレシイ)

もちろん仕事はそれだけじゃないし、他にも山ほどある。

でもこうやってちょっとずつ、出来る事を増やしていくしか無いんだなと。そう思いました。

仕事はチームワークが本当に大事

画像

何かを作るとき、たくさんの人の力が必要なんだと実感している。

1人だけでは何も出来ないし、その1人が欠けても何も出来上がらない。

モデルだけでもフォトグラファーだけでも撮影はできなくて、たくさんの努力と才能の集合体が、1つの作品になるのだなと。

そんなことを、ヒシヒシと感じた週でした。

チームワークでしか成し遂げられない仕事

業界に入って初めて知ったんだけど、アシスタントという立場は自分の師匠にとってのアシスタントというだけではありません。

その現場全体のアシスタントとも言える。

 

だけど、自分にまだ余裕がないうえに、腕は2本しか無いのでやれることも限られてしまいます。

そんな時、他のアシスタントさんが手助けしてくれたり、アシスタント自体が少ない現場だと、ベテランが華麗に手助けしてくれたりします。素敵…

 

そういう事があると、有難いなぁと思うと同時に、わたしもそんな風に気が回るようにならないとなぁと身が引き締まる。

今はまだ、自分のことだけでいっぱいいっぱいだけど、早く広い視野と余裕と思いやりを持って仕事をしたいなと思います。

オシャレはしたい!けど安いスニーカーを買おう

画像

雑誌や広告で見る、外で撮影された写真はどれも綺麗ですが、撮影現場はなかなかの足場の悪さです。

泥!!!砂!!!水!!!沼!!!海!!!

とにかく足元はボロボロ。

叩いても叩いても、靴から出てくる砂埃…取れない汚れ…

アシスタントは特に走ったりするのでスニーカー以外の選択肢はありません

これからアシスタントを目指す方は、真っ先にスニーカーを買いましょう…!!!

お気に入りのスニーカーもすぐ汚れてしまうので、オシャレをしたい気持ちをグッとこらえ、わたしも安いスニーカーをZOZOTOWNで探します…悲しい…

少し仕事の流れを理解してモチベーションアップした4周目

画像

アシスタントを始めて、はじめて少し気持ちが明るくなった週でした。(やっと!)

元々、仕事は出来て初めて楽しいと思えるものだと思っています。

だから、出来ない内は自尊心が底辺で死にたくなるような気持ちで過ごしてしまうタイプ。

それが今週、やっとやっと少しだけ仕事に対して明るい気持ちになれた。

 

今まで近しい人に仕事の話をすると「仕事嫌いなの?」と言われてきました。

辛いことも多くて、そう話してしまってるんだと思いますが

嫌いというより出来ない内は、好きとか関係なく、わたしは楽しめない。

だからこそ、まだまだ続ける意味はあるなと思っています。

ブログアイキャッチ7
メイクのプロとして仕事をしていくためなら苦手なことにも向き合っていく メイクのアシスタントをしています、サト(@satomake12)です。 わたしは今、雑誌や洋服ブランドのL...

さて、やっと明るい記事を書けたのに5週目はまたズーーーーンと沈みます(笑)

それではまたアシ日記5WEEKにて。
サト