ESSAY

【アシ日記3WEEK】緊張で委縮してしまう。気持ちのコントロールに苦戦WEEK

assistant_essay03

メイクアシスタントをしていますサト(@satomake12)です。

今週も雑誌やカタログ撮影の現場に行ってきましたが、2週目までと違ったのは芸能人さんが被写体のものが多かったことかな。

今週は、なんだかしんどくなってしまった週だったのでそのお話なと。

そんなアシ日記3WEEK目です(それではどーぞ!)

萎縮してしまう精神状態

画像

今週は芸能人さんとのお仕事が多かったのですが、想像以上にびびってしまったのね。(※嫌な人だったって話ではないです)

なんというか、子どもの頃から見てきた方々だったので、緊張して顔はこわばるし、目は合わせられないし、声は小さくなっちゃうし、頭の回転はいつも以上に悪いし……で、

ものすんごい暗くて仕事できない奴になってしまってね…

わたしの精神状態なんて、まったく仕事に関係のないことなんだけど、この悪循環ループにはまって、勝手に「しんどいなぁ」ってなってしまいました。

こういうのを、“自分に負けた”って状態なんだろうか (ツライ)

プロフェッショナルの現場は早くて楽しい

画像

日々、めちゃくちゃすごい方々のお仕事を目の当たりにしているのだけど、長年厳しい業界でトップを走っていらっしゃる方には理由があるんだなぁと実感しました。

撮影の時間も楽しくユーモアで穏やかな空気感を作ってくださって、その上すごい早く終わるし、上がってくるクオリティがすごい。

もちろん、天候などの状況や試行錯誤で時間がかかることは多々あって、それがダメだって話では絶対にない。

だけど、長くなればなるほど体力は消耗するし、どうしても疲労感がでてきてしまう。

やっぱり楽しくて早い(しかも仕上がり神)というのは、みんながハッピーなのでね。ありがたいのです…!

専門用語がカタカナで理解が難しい

画像

イメージを理解し伝えるために、ボキャブラリーを増やさねばならないという話を【アシ日記2WEEK】でも書いたのだけど、

最近本気でやばいなと思っていて。

というのも、ヘアメイク・スタイリスト・フォトグラファー・編集者。

みんな英語話せると言っても過言ではないんですね。

だから現場で飛び交う、いわゆる専門用語がとにかく横文字なの…!!

たとえば、

「もっとコンテンポラリーな感じの方がいいかな?」と師匠たちが話していて、

「コンテンポラリーな感じって何!?!?!?!コンテンポラリーダンスのコンテンポラリーでしょ???えっ?コンテンポラリーなヘアメイクって何!?!?!?(困惑)」

ってなったり…

ちょっともう、聞き取れすらしないことも多々ある。

わたしは近年コレクションのチェックを疎かにしてきたし、忘れてしまったことも多く感度も鈍っていて。

「あーやばいぞ」となってます。焦ってる。

なので勉強するべく、単語帳を作りはじめました。

あと、実家で眠ってた「ファッション用語辞典」も見直そうと思う!

自分で自分の首を締めてたアシスタント3週間目

画像

とにかく萎縮してしまって、元々ない自信がよりマイナスになった週でした。

いつも以上にうまくいかないし、間は悪いしでけっこう辛かったな。

あとやっぱり、スケジュールが定まらないゆえに、バイトが決まらないのも精神的不安が大きい…。

そろそろコンタクト買わないとやばいんだけどな〜とか、Suicaチャージ(交通費)次のギャラ支払い日まで持つかな〜とか、

生活の最低ラインを心配しなきゃいけないのは、精神衛生上良くないなとね。

まあまあ、これも上京物語っぽくていいかもしれないね。

さてさて、4週目は少し明るめのアシ日記を書けそうなので!

またぜひ。

サト