ESSAY

【メイクアシスタント3か月まとめ】前向きなメンタルをコントロールするために必要だったこと

アイキャッチ

メイクアシスタントをしています、サト(@satomake)です。

アシスタントとして、コレクションや広告、雑誌などの現場でお仕事して3か月が過ぎました。

assistant_essay
【アシ日記1WEEK】ドキドキ!メイクアップアシスタントの初現場WEEK メイクアップアーティストのアシスタントをしていますサト(@satomake12)です。 アシスタントとして1週目の現場を経...

この3か月間を振り返ってみると、学んだことや葛藤、本当にいろいろありました。


そんな3か月のアシスタント生活を、まとめていきたいと思います。
画像

この3か月間、とにかくメンタルを保つのに必死でした。

言い換えると、メンタルさえ保つことが出来れば、ある程度アシスタント生活は誰でもやっていけると思ったな。( ”アシスタントは” だけど)

まわりの目は、とにかく厳しい。みんな本当によく見てる。

何か言われるわけではなく、ただただひたすら、常にジャッジされる。

その視線に耐えながら、長い時では1日に20時間働かないといけない。

これが、結構堪えました。

スタッフさんに一瞬眉をひそめられると「えっ、わたし今何かやらかした?」と怖くなる。

一体、自分の何がいたらなかったんだろうと考えては、胃が痛くなる毎日でした。

人の目が怖くて、常に委縮していました。

前向き、後ろ向きの繰り返し

「なんとか(私的に)上手くいったぞ!少し仕事できるようになった!慣れたかも!」

と、やっと思えるようになったかと思えば翌日には、

「今日はうまくできなかった…辛い…逃げたい」と落ち込みました。

毎日違う現場、違うスタッフ。

物覚えが悪く、不器用で臨機応変が苦手なわたしが、アシスタントとしてやっていくのは、簡単な事ではありませんでした。

わかっていても前向きになるのは難しい

画像

落ち込んでる暇はない

言葉の意味を痛いほど理解していても、明るい方へ、前向きな方へ、メンタルを持っていく事に苦戦した3か月でした。

前を向いていかなければ、精神的にも肉体的にも金銭的にも辛いこの生活を、やってる意味がない

そう分かっていても、なかなか前を向けず「辞めて早く楽になりたい」と思っては、ぎりぎりで思いとどまる毎日。

結果、なんとか前を向けるようにメンタルをコントロール出来るようになったのは、アシスタントを始めて4か月目に入ったつい最近。

前向きな方向にメンタルを持っていくには、周りの支えと自分と向き合う、ある程度の時間が必要でした。

お金の余裕は心の余裕

画像

ヘアメイクだけでなく、どのポディションのアシスタントも自分にお金をかけられなくなります。

「ファッションが好き」「美容が好き」元々そういうマインドを、この業界に入るみんなが持っています。

だけど、そこに一切お金は使えません。

この間も、ファッションスタイリストのアシスタントに入ったばかりの方が「時間とお金が無くなるから坊主にしたんです。」と、長い髪を切っていました。

そうやって、そぎ落としていきます。

好きなものにお金がかけられない。というのは、やっぱり切ないものがあります。

仕方ないけどね。

頑張れば頑張るほどお金がなくなる不安

画像

人として最低限の生活” が、なかなか出来ません。

自ずと、身内や周りの人たちに迷惑をかけることになります。

その罪悪感と戦うことも、精神的にとても消耗しました。

現場に入るほど、頑張るほどお金がない。

家賃が払えない。携帯代が払えない。

そのくらい困窮することは、新卒や地方でもあっても、月に最低13~20万ほどは稼げる普通の社会人には、あまりない事だと思います。

お金を稼げない罪悪感と戦うことも、アシスタントをしていて辛い点でした。

それでも仕事を続けていきたいと思ったワケ

画像

毎日のように辞めたいと思いました。

それでも辞めなかったのは「このまま辞めるのはもったいない」という思いと、「今辞めるのはかっこ悪い」というプライドでした。

後悔しそうだと思えるうちは辞めない

尊敬できる師匠と、プロフェッショナルの仕事が見れる現場。

辞めようと思うたび「続けてたらどうなってたかな」と、思うだろうなと想像しては「辞めちゃいけないな」と自分を奮い立たせてきました。

今も、そう思いながら続けています。

ブログアイキャッチ7
メイクのプロとして仕事をしていくためなら苦手なことにも向き合っていく メイクのアシスタントをしています、サト(@satomake12)です。 わたしは今、雑誌や洋服ブランドのL...

かっこ悪い辞め方はしたくない

わたしは美容を本気でやっていこう!と決めてから、仕事用にTwitterとブログを始めました。

アシスタントになる前から、たくさんの方に「わたしは美容を極める!」と発言し、たくさんの方に応援や、支援もしていただきました。

身内など近しい人だけでなく、ネット上でも本当に支えてもらいました。

だからこそ「中途半端ではやめられない」という思いが、ストッパーになりました。

本当にありがとうございます。

おかげさまで、続けております。

アシスタントを3か月続けてみて思うこと

体力的なことよりも、精神的に辛いことが多かった3か月だったなと思います。

それでも、たくさんの方々の支えで続けることが出来ました。ありがとうございます。

次は6か月目に、こうしてまとめを書きますね。

続けていますように(笑)

アイキャッチ
【メイクアシスタント6か月まとめ】難しい挑戦こそ簡単に成長はしない。苦しい時期を乗り越えれば人生を変えていける。メイクアシスタントをしています、サト(@satomake12)です。 メイクのアシスタントを始めて6か月が過ぎました。 半年...

サト